オーダーメイド栄養価計算シート生成サービス Nucalgen

栄養価計算をするためのシンプルな Excel シートを提供します。どの栄養成分を扱うかはオーダーメイドで、必要な項目(栄養素)のみを選択出来ます。 PFCバランスを算出する部分や、食品群別摂取量を集計する部分を出力するかどうかも、選択出来ます。

文部科学省による「日本食品標準成分表2020年版(八訂)(2021年2月3日修正)」を 組み込んであるので、「食品番号」と「摂取量」を入力するだけで各栄養成分の値が算出されます。

【注意:2021年11月22日追記】「令和3年11月18日付正誤表」の内容は反映されていません。


特長


出力されるのはただの Excel ファイル(拡張子:xlsx)です。計算は関数の組み合わせのみで行っていて、マクロは使っていません。表計算ソフトの他に特別なソフトや、ネット接続環境は要りません。Excel 以外の他の無料で使える表計算ソフト、例えば Google スプレッドシート、 Libre Office Calc や ジャストシステム製品の JUST Calc 3 でも扱えることを確認しています。数式やレイアウトも好きなように(もちろんご自身にそのスキルがあれば、ですが)変えられます。表計算ソフトの機能を使ってグラフも自由に描画することが出来ます。Pure 表計算シートなので、例えば食塩の摂取量を主材料の 0.7% 量にするといったことも数式で表現できます(こうすれば食塩の量が主材料の量に連動する)。

栄養価計算に必要最小限な構成を選べ、また数式など各自で拡張可能なようにしたので、例えば栄養学を学ぶ学生が、栄養価計算や献立作成の課題にあたる際などに便利だと思います。はじめは開発者自身のその目的のためにつくられ、現在はとある短期大学の授業で実際に活用されているようです。

無料でお使いいただけます。ただし、計算の結果が正しいことは保証いたしません。出力された Excel ファイルは、営利目的も含めてご自由に使ったり改変したり他の何かに組み込んだりしてくださって結構です。再配布もかまいませんが、日本食品標準成分表の部分の扱い(出典の明記等)にはご留意ください。

市販の紙媒体成分表での食品番号の検索が面倒なときには 食品成分データベース(文部科学省) が使えます(カナでも検索可能)。「成分表」シート D 列から検索するのも早いです。


組み込んだ「日本食品標準成分表2020年版(八訂)(2021年2月3日修正)」について

組み込んだ「日本食品標準成分表2020年版(八訂)(2021年2月3日修正)」は内容を改変・編集しています。値が「Tr」や「-」となっている箇所は 0 に置き換えています。カッコ付きの「(数字)」はカッコを外してあります。

また、ある食品が「緑黄色野菜」であるか否かについての列を追加していますが、その判断は食品名にこれらの文字列が含まれているか、かつ食品群が6群であるかどうかで決めています。食品名は「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」の取扱いについての別表に拠りました。

「(エネルギー算出)たんぱく質」および「(エネルギー計算)脂質」も独自に追加した列です。「(エネルギー算出)たんぱく質」は「たんぱく質」or「アミノ酸組成によるたんぱく質」(後者優先)、「(エネルギー算出)脂質」は「脂質」or「トリアシルグリセロール当量」(後者優先)と同じ値です。「(エネルギー算出)たんぱく質」を表示指定するときには「たんぱく質」および「アミノ酸組成によるたんぱく質」の表示指定が、「(エネルギー算出)脂質」を表示指定するときには「脂質」および「トリアシルグリセロール当量」の表示指定が必要です。


「PFCバランス」欄生成機能について

計算式の実装にあたっては、日本給食経営管理学会による「日本食品標準成分表の改訂に伴う当面の対応に関する見解(20210503)0520修正」に示されている次の3種類の対応方法のうち、①および②の方法によるものを併記することにし、炭水化物(C)比率の計算には「なお書き」の方法をとりました。

「七訂の方法で計算したエネルギー量で計算」の箇所が②の方法、「八訂のエネルギー量で計算」の箇所が①の方法によるものです。


使ってみる→生成条件の設定

<
扱う栄養成分の選択
廃棄率灰分レチノール
エネルギー(kJ)ナトリウムα-カロテン
エネルギー(kcal)カリウムβ-カロテン
水分カルシウムβ-クリプトキサンチン
マグネシウムβ-カロテン当量
(エネルギー算出)たんぱく質リンビタミンA(レチノール活性当量)
たんぱく質ビタミンD
アミノ酸組成によるたんぱく質亜鉛ビタミンE
(エネルギー算出)脂質β-トコフェロール
脂質マンガンγ-トコフェロール
トリアシルグリセロール当量ヨウ素δ-トコフェロール
コレステロールセレンビタミンK
飽和脂肪酸クロムビタミンB1
モリブデンビタミンB2
炭水化物ナイアシン
利用可能炭水化物(単糖当量)ナイアシン当量
利用可能炭水化物(質量計)ビタミンB6
差引き法による利用可能炭水化物ビタミンB12
食物繊維総量葉酸
糖アルコール食塩相当量パントテン酸
有機酸食品群ビオチン
アルコール緑黄色野菜ビタミンC
「脂肪酸」の項目を設定する(ここをクリックすると開きます)
脂肪酸総量4:0酪酸18:1計
飽和脂肪酸6:0ヘキサン酸18:1 n09オレイン酸
一価不飽和脂肪酸7:0ヘプタン酸18:1 n07シス0バクセン酸
多価不飽和脂肪酸8:0オクタン酸20:1イコセン酸
n-3系多価不飽和脂肪酸10:0デカン酸22:1ドコセン酸
n-6系多価不飽和脂肪酸12:0ラウリン酸24:1テトラコセン酸
13:0トリデカン酸16:2ヘキサデカジエン酸
14:0ミリスチン酸16:3ヘキサデカトリエン酸
15:0ペンタデカン酸16:4ヘキサデカテトラエン酸
15:0 antペンタデカン酸18:2 n06リノール酸
16:0パルミチン酸18:3 n03α‐リノレン酸
16:0 isoパルミチン酸18:3 n06γ‐リノレン酸
17:0ヘプタデカン酸18:4 n03オクタデカテトラエン酸
17:0 antヘプタデカン酸20:2 n06イコサジエン酸
18:0ステアリン酸20:3 n03イコサトリエン酸
20:0アラキジン酸20:3 n06イコサトリエン酸
22:0ベヘン酸20:4 n03イコサテトラエン酸
24:0リグノセリン酸20:4 n06アラキドン酸
10:1デセン酸20:5 n03イコサペンタエン酸
14:1ミリストレイン酸21:5 n03ヘンイコサペンタエン酸
15:1ペンタデセン酸22:2ドコサジエン酸
16:1パルミトレイン酸22:4 n06ドコサテトラエン酸
17:1ヘプタデセン酸22:5 n03 ドコサペンタエン酸
22:5 n06ドコサペンタエン酸
22:6 n03ドコサヘキサエン酸
未同定物質

基本5項目・・・食品表示基準第3条第1項の表の規定する、義務表示の栄養成分
標準12項目・・・一般的な「栄養管理報告書」の栄養成分 +炭水化物


行 数:/シート
シート:1枚   朝食, 昼食, 夕食, 集計(1日分)   朝食, 間食1, 昼食, 間食2, 夕食, 夜食, 集計(1日分)
「PFCバランス」欄を生成する (「エネルギー(kcal)」「(エネルギー算出)たんぱく質」「たんぱく質」「アミノ酸組成によるたんぱく質」「(エネルギー算出)脂質」「脂質」「トリアシルグリセロール当量」「飽和脂肪酸」のチェックが必須です)。
「食品群別摂取量」欄を生成する (「食品群」「緑黄色野菜」のチェックが必須です)
入力可能セル(「食品番号」「摂取量」)以外のセルをロックする(関数の誤消去防止、パスワードなしで解除もできます)


(クリック後、10秒ほどお待ちください。xlsx ファイルがダウンロードされます。)


この生成プログラムは Java で書かれています。生成プログラムの解説はこちら に書きました。

"Nucalgen" (https://nucalgen.satomichan.jp/) © by 福田さとみ (FUKUDA Satomi, nucalgen-web-20201227@satomichan.jp)